超純水とは!!

超純水とは、水に溶け込む酸素やミネラル等の水中の不純物を極限まで除去し、抵抗率10MΩ・cm以上の(一般的には)極めて純度の高い水のこと。
純水では対象外であった微粒子や酸素などのガスも、検出不可能なまでに除去しつくし、純度100%の理論上のH2Oに限りなく近い。
超純水は半導体製造工場や液晶製造工場においてなくてはならない必須のアイテムである。半導体や液晶の製造過程においてウェハーやガラス基盤の洗浄に欠かせないのである。特に半導体製造のウェハーやデバイス製造工場で必要とする超純水水質は、いわゆる不純物が極限までに除去されているH2O のみに近づきつつあるといえる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54602181
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。